« ブログ再開の目的 | トップページ | 信念 »

キーワード

人生を豊かにするキーワードとしては限りがなく,重なる部分がある.ただ,あえて挙げるなら...

選択理論:
変えられるものと変えられないものの区別をつける.自分の考え方と行動のみ変えることができて,感情(喜怒哀楽)はそれに付随するもの.他者を変えようとすることは人間関係を壊すことに繋がる.困難にぶつかったときに,構成する事象のうち変えられるものと変えられないものを区別を早くつけて行動に移すことが大事である.

同じ価値観はない:
全ての人は違う価値観をもち,似た価値観(常識)はあっても全く同じものは存在しない→自分という存在は唯一であることに通じる

自立:
自分で選択し,自分でその結果責任を持つ

共依存を避ける(自分の価値観を押し付けない):
自分が居なければその人はやっていけないなどという考えを捨てる.他人を無理にコントロールすることになり,他者の自立を妨げている.冷たい話だが「氣づき」(情報)を提供する以外に他者にはできない.人間は裸で生まれて,裸で死んでいく.悲しいかな人間は非常に孤独な生き物である.

一番難しい敵・友は自分自身:
全ては自分の選択の結果であり,一見簡単そうに思える自己管理が一番難しいと悟る.まして他人を管理するということは不可能であることに気づく.その難しい自己管理を,向上する努力を一生続けていくのが人生である.

自己の確立と感謝:
全く同じ価値観というものは存在しないこと,自分が偶然の存在ではなく必然と知覚し,何か大きな力(神様のようなもの)を感じる.自分の存在に高慢になることなく,その大きな力に感謝しながら周囲に幸せを分配する.

幸せは自分で決める:
他人が提供するものではなく,自分で提供するものである.あの人が悪い・どうするから自分が不幸せであると思う限り,自分の幸せはやってこない.

動物と人間の違いに気づく:
人間を含めた全ての動物の行動は,自分の幸せの追求をしているだけである.非常に利己的なものである.どんな献身的な行動も,そうすることで自分が幸せに感じる行動をとっているだけである.ヒットラーもマザーテレサも根本行動機序は同じである.自分の幸せを追求し,それを周囲に分配(愛)できるのが人間である.周囲に分配できないのは,単なる動物である.周囲に分配できる(愛を提供する)ことが人間である特別の理由である.

...などなど,上記を念頭に記事を読んでいって頂き,周囲に感謝しながら自立した自分を確立して頂ければと思う.

|

« ブログ再開の目的 | トップページ | 信念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/10853259

この記事へのトラックバック一覧です: キーワード:

« ブログ再開の目的 | トップページ | 信念 »