« 優先順位 | トップページ | 宗教観 »

死を身近に感じること

死を身近に感じろというと,negativeに感じるかもしれない.

医師としてあえて言いますが,「あなたは必ず・絶対に死にます」.少しゾクっとしただろうか?そう感じて頂ければ本望です.

それでは死を感じて,あなたの人生はどうでしたか?自分に問い掛けて下さい.あれもしたい,これもしたいとか浮かんできましたか,あの人にもっと感謝の気持ちを伝えておけば良かったとか思いますか?そう思うことがあれば,早速それを達成するには今から何をすべきか考えて少しずつ実行してください.

多くの人は,死ぬ間際になって人間の生命に限りがあることを悟り,人生を見つめなおします.死が間近に近づく前に,死というものを身近に感じて後悔無く過ごせるかが人生を充実させる秘訣です.全ての人に平等に与えられている機会,「生」と「死」,あたりまえですがあなたにも与えられています.

ほとんどの人が病院で死に,日本人は皆,生活の中に人の死というものを感じる機会が減りました.しかも,日本人の無宗教という特性から,死はすなわち物質的にいなくなることでnegativeにのみ捉えるという傾向があり,それについて考えることを避けています.宗教を持っている人は,死は次の新たなスタートとpositiveに捉えられます.いつかは来る「死」を身近に感じpositiveに捉えながら,日常の「生」を充実させましょう.

死に焦点をあてることで,対照的に生が光輝くものになるはずです.あなたの生を輝くものにしてあげて下さい.

|

« 優先順位 | トップページ | 宗教観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/11039594

この記事へのトラックバック一覧です: 死を身近に感じること:

« 優先順位 | トップページ | 宗教観 »