« 「すべて」を受け入れる | トップページ | 私案 »

死を身近に感じて,全ての出来事をpositiveに捉えること

定期的に見ているブログでスティーブン・ジョブスの卒業スピーチの話があり,成功者に共通する基本を如実に表していた.

まずは日本語訳もしくは原文に目を通してもらいたい.

基本的にpositive思考である.多くの人に失敗と思われる場面でも,negativeに考えつづけることはしない.誰でも一時的にnegativeにとらえても,捉え方を変えてpositiveなものに認識している.悪い出来事をdotと表現しているが,それが後々に繋がるものと後から考えられると言っている.小さなdot,大きなdotの連続が線になるのである.

それともう一つの大事なことが,常に死を意識していることである.死というものを身近に感じて,今死んでも後悔ないことをできているかを考えている.惰性で過ごさず,死を意識しながら,常にpositiveに捉える重要性を感じる.

死を考えること,それは人生を考えることである.普通の生活なら,そんなことを身近に考える機会がない.幸い医師として,胎児-乳幼児-小学生-青年-中年-老人,自殺-事故-老死--先天異常etc....普通の人なら遭遇しない様々な生き様・死に様を見させてもらった.そんな場面を身近に見せてもらえながら,生きる事は何かを考えさせてもらえて本当に幸せである.この幸せを噛み締めて,いつ来るか解からない死を身近に捉えつづけたい.

家族・周囲には迷惑を掛けるがStay hungry, stay foolishである.命ある限りやり直しはできる.

|

« 「すべて」を受け入れる | トップページ | 私案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/11261403

この記事へのトラックバック一覧です: 死を身近に感じて,全ての出来事をpositiveに捉えること:

« 「すべて」を受け入れる | トップページ | 私案 »