« 私案 | トップページ | 利益の占有と共有 »

信用・信頼の重要性

信用・信頼ができると自分の可能性を高めることができる。

恋愛関係で信頼ができると,結婚し家庭が作られる.

会社では、同族経営(家族しか信頼できない状態)から、アカの他人を信用できる会社(上場しているような会社)になることで大きな成長する可能性を持つことができる。上司が部下を信頼し,自立させ任せることでその部署が発展できる.ワンマン経営・管理では,成長余地は限られる.

経済では,相手を信頼することで,融資が行われ経済が活性化する.まさに信用創造(?)と表現される.相手が信用できない状態になり,融資するより預貯金にばかり向かえば不況である.

国と国,地域紛争では,相手が侵略してこないという信頼をしていることで,停戦が実現され,平和が維持される.

人間は他人を信頼する社会により,他の動物にはない現在の人間の繁栄を築いた.日本は,他の国にない人間同士の信頼及び国への信頼により現在の日本の繁栄を築いた.それが築けない国では,内戦が続き貧困にあえいでいる.

基本に返って,一番の最小単位である自分を信頼(自己の確立・自信)できないと幸せになれない.自分の可能性を信じ信頼することで,自ら判断・行動していくことで,大きな可能性を切り開く.

人によっては,他人は信頼できないという人が居る.ただ,自分しか信用できなければ,何もできない.極端になると,人が運転する車や,人の作ったものを食べられない.夫婦で,相手が信用できず不倫をしていると言い出すと,幸せな家庭など築けない.信用・信頼して生活できると,心の平安が訪れ幸せと新たな可能性が提供される.人を信用・信頼すると,相手にも信頼され居心地の良い人間関係が作られる(ただ相手を信頼しても自分を信頼してもらえないこともあることは念頭に).競争・比較の社会で,相手を信頼して裏切られたら怖いと感じるかもしれないが,開き直って信頼できる人間関係にいる方が幸せになれる.ただ,人は不完全な生物で,必ず裏切られることがある,裏切られても生きていける覚悟は必要である.

僕はよく,「人を信用しすぎるから,騙されないように注意しろ」と言われることがある.僕としては,何を買うにしても自分の判断で安い・高いとその時点で判断して買ったのだから,あとで安い値段が判っても騙されたとはあまり感じない.

現在の僕の問題は家族である.信頼して全てを一任してしまうと,どうでも良いから放置されているように受け止められてしまう.意見を求められて感じるままの意見を述べると,自分への厳しさと同様に家族へ厳しいことを求めていると受け止められてしまう.家族に夢を持ちつづけて,自立を促すのは難しい.まして会社・社会では無理だろう.まだまだ精進が必要だと感じさせられる.

|

« 私案 | トップページ | 利益の占有と共有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/11542651

この記事へのトラックバック一覧です: 信用・信頼の重要性:

« 私案 | トップページ | 利益の占有と共有 »