« 今の日本に生きること | トップページ | メンター »

「すべて」を受け入れる2

自分の負の部分を受け入れた人間は強い.

自分の弱い部分を受け入れない場合は,それに触れられそうになると精神的に動揺する.それを隠そうと強がったり,そんなことはないと怒って拒否するのである.特に完璧を目指す人間であればある程,不完全である自分を頑なに拒否して動揺する.

逆に自分の弱い部分を受け入れている人間は,触れられても動揺しなくなる.不完全である自分を隠す必要が無くなり,自然体で物事を進められる.ある意味,開き直りは重要である.

仕事・家庭などの場面で,自分の負の部分を含めて全てを受け入れることが精神的成長に重要だが,一つの典型的な例を出そう.

癌の告知である.あくまで個々の差があることは念頭に置き一般論として述べる.癌を告知された人間と,癌を告知されていない人間で,どちらが治療に前向きであろうか?

それは告知されている人間である.最初は自分が癌であることに,悲しみに暮れたり,場合によっては怒る人もいる.「自分が何を悪いことをしたんだ,どうして自分にこんなことが降りかかってくるんだ」と不合理な突然の不幸を拒絶反応を示す.だが,次第に現実を受け入れ,治療に前向きに取り組み始める.このまま受け入れずに放置しても,癌が進行して寿命が縮むだけと理解して,合理的に考えて治療に望むのである.開き直って陽気に苦しい治療を受けていくのである.完治ができず死が迫ったときにも,自分の死を受けいれることもスムーズである.家族にもよく頑張ったと慕われ,非常に安らかな死を迎えて行く.

逆に告知されていない人間はどうか? 癌ではないが治療が必要ですとお茶を濁すような説明をして,治療を受けていっても,抗癌剤などの苦しい治療に常に逃げがちである.「なんでこんなに苦しい治療をしなければならないのか」と愚痴を溢し,治療から逃げようとする.他の癌患者と同じ治療が行われてなんとなく自分が癌ではないかと思っても,いろいろと理由を付けて自分は癌じゃないと逃避する.死期が迫ったときでさえも,それからも現実逃避しようとする.場合によっては,家族にも「やれやれやっといなくなってくれる」と思われ死を迎える.

これは病気の癌の話だが,癌ではない全ての人にあてはまることである.自分の受け入れたくない事実・状況()を常に否認して逃げつづける人は,あれこれ理由を付けて常に逃げてしまう.大事なことはそれを認めて,前に進むことである.それが除去できるものなら,そのために何をすべきかを考え.除去できないものなら共存状態を模索する.全てを受け入れて,前に進む習慣を身に付けたい.

自分の死期を悟り,自分が極限まで追い込まれた人間の,否応なしの決断はこの上ない遂行力がある.自分の中の癌(悪い習性)に飲み込まれることなく,各自に眠る偉大な力を引き出して行きたい.

現実を受け入れ,活き活きとした人生を送り,周囲・家族によく頑張ったと慕われて最後を迎える.もしくは,常に現実を逃避して,周囲・家族にやっと居なくなったと思われて最後を迎える.どちらが良いかと改めて気付く.

|

« 今の日本に生きること | トップページ | メンター »

コメント

ご訪問、コメント、ありがとうございました。

TBは承認後掲載としておりますので、
すぐに反映されなかったのだと思います。
失礼しました。

また、よろしくお願い致します。

投稿: 悪魔の営業力養成講座/間宮一樹 | 2006年10月 4日 (水) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/11853938

この記事へのトラックバック一覧です: 「すべて」を受け入れる2:

« 今の日本に生きること | トップページ | メンター »