« 孤独 | トップページ | 産科の医療崩壊 »

子供を持つこと

よく言われることだが,子供のありがたみは子供を持たないと分からない.見返りを求めない愛情を提供する関係は,親から子供への関係のみと聞いたことあるが,うまく表現されている.恋愛関係を含めて,相手に何かするときには,心のどこかに見返り(相手によく思われたい,何かしてもらいたいetc.)を求めていることが多い.親→子への場合は,特に見返りを求めていないことが多い.ただ理由も無く,子供のためならと頑張れるものである.

子供に多く感謝されることもなく,それでも両親は愛情を提供し続ける.子供を持つ前までは,自分がそんなことができるのだろうかと思ったものである.

僕が死ぬときに一番気になることは子供である.お金を残しても,戦争・恐慌が起きれば無くなる僕が子供に残したいものは,どんな困難でも希望をもって生きていけるmental toughnessと能力である.そして出来る事なら,僕が死んでも,社会が家族を守ってくれるような温かい社会を残したい.叶わぬ夢だろうが,よりよい社会を残す大望に向けて,いろいろ遠回りしながら人生を歩むつもりである.

|

« 孤独 | トップページ | 産科の医療崩壊 »

コメント

こんにちわ。ばたっちです。

「温かい社会を残したい」
私もそう思います。次に遺す社会を意識し出したのも子ども
を持ったからかもしれません。A^^;

よりよい社会を遺すために、私達ができることは、子ども達に
よい教育を与えることかなと考えています。

投稿: ばたっち | 2006年10月16日 (月) 23時29分

>ばたっちさん

そうですよね.僕も基礎体力として教育は非常に大事なことだと思っています.僕も子供を持った御陰で人間的にいろいろ成長させてもらって,教育してるというよりもむしろしてもらっているのかもしれません.(^_^;)...この辺は来週公開待ちにしているブログとダブってます...キーボード不精の僕は思い立ったときに記事を書き溜めて公開待ちにして保存するというセコいことしてるもので...

僕たち(?)団塊の第二世代が子供を持つようになりました.子供に残せる社会を考えて,斜陽の日本が大きく変わることのできる最後の大きなチャンスかもしれませんね.個人主義・自由主義が進んでまとまりにくくなっても,子供に社会を残すためという共通の目標を定めることで皆がまとまって進んでイケないかと画策しています.(~_~;)


投稿: 夢見るK | 2006年10月17日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/12145539

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を持つこと:

« 孤独 | トップページ | 産科の医療崩壊 »