« 避けられない医療崩壊 | トップページ | 夢の医療データベース »

白衣を脱ぐにあたって..

僕は今まで研究もせず臨牀一筋で,幸い同僚・上司にも恵まれ大きな事故もなくやってこれました.身近な方々には御存知の方が多いですが,この3月から日本に帰国し白衣を脱いで(臨床を離れて)新たな分野で勉強・挑戦させて頂く予定です.この場を借りて,患者さんも含めて御世話になった方・なっている方・これからなる方の全ての人々に感謝の気持ちを伝えさせてください.人間の短い一生のうちで,一瞬でも御一緒させてもらうのは世界60億人のほんの一部です.その低い確率の中で,貴重な時間を割いてもらって喜怒哀楽を共にしてもらった人は僕にとって大切な方々です.

僕の方は,中国で過酷な貧困の差を見せ付けられて,人口20%HIVに感染している南アフリカの同僚医師の話などを聞いたり,国を捨てて生きて行こうとする人を見たり,金がないと何もしてもらえない医療というのを見たり...中国に来てから,自分はなんて恵まれた国に生まれて,恵まれた環境で育ったのだろうと心底気づかされました.

「貧困が病気を生む」これが現実で、これから貧富の差が大きくなり貧困が生み出され医療崩壊が進む日本では、これまでのひとりひとりの患者さんを治すだけでは後に繋がらないと感じています.この貧困を失くすにはビジネスの力の必要性を感じるに至りました.

そうして危機に瀕した日本の医療起死回生の策を考えるうちにある構想を思いつきました。ただこの秘策(?)を実現するためには、今の自分にビジネスの知識・スキルがなさすぎる事を痛感しています.そうして妻の了承も得て家族を養いながら,少しでもビジネスに近い分野の勉強ができるところ,製薬会社さんへ転職です.幸い雇うと言ってくれるところも見つかり,この3月からある製薬会社さんで働く予定です.また違った世界で厳しい現実が待っていると思いますが,人生は夢を見続けることが大事と思って家族を路頭に迷わせないようにはやっていくつもりです.

家族を含めて互いの幸せ・健康が続きますように.これからも末永く宜しくお願いします.

|

« 避けられない医療崩壊 | トップページ | 夢の医療データベース »

コメント

夢見るKはやっぱり普通じゃない。
型にはまらない人生をうらやましく思います。
IMA岡さんが同じような仕事をされています。
連絡をとってみてはどうでしょうか?

投稿: やんぬ | 2007年1月 8日 (月) 15時54分

タイトルが看過できなかったのでコメントします。
かなり勇気のいった決断だと思いますが、決断したからにはきっとまた何か切り開いていくんだろうなと思います。
確かに、日本の医療が破綻しつつあることは、現在日本の医療の末端の病院に勤務している自分には日々実感されることです。システムの問題もありますが、現場にいる者のモチベーションの低下も大きな問題だと痛感します。
自分もプロセスは違うようになると思いますが、夢見るKと同じように夢を持って自分の信じた道を家族と共に進んで行きたいと思っています。
これからの活動にさらに期待をし、応援しています!

投稿: ひなぱぱ | 2007年1月 8日 (月) 21時10分

> やんぬさん
型にはまらないというか,はまれないというか,移り気が早いというか...(^^)
これからも人生後悔なく行きたいです.

> ひなぱばさん
ひなぱぱさんの謙虚な態度を見習わないといけませんね.現場にいる者のモチベーションの低下は,必然のような気がしてます.100%ミスしない人間なんていないのに起こったミスを個人に帰結し,システムの問題をそのままに続けている状態に思います.善意に頼ったシステムで,その善意が医療訴訟として跳ね返ってくる.いつも叱られてばかりでは,モチベーションを保ち続けられる人は神様ぐらいじゃないでしょうか?(^^) 何はともあれ夢を持ち続けて,モチベーションを保ち続けるのは大事ですよね,僕も惰性にならずこれからも人生歩んで行きたいと思ってます.これからも末永くお願いします.<(_ _)>

投稿: 夢見るK | 2007年1月 9日 (火) 02時24分

製薬会社ってどんな所で、どんなことするのですか?
以前は、臨床から思う治療の研究というのは、医学基礎研究(生理やら生化学やら薬理学なんていったもの)と思っていたが、M.D.の人にとっては違うような気がします。いくら、トップジャーナルにすごい論文が載っても、それが治療につながる研究となりうる可能性は、ほとんど0に近いと思う。M.D.にとっては、そんなことに時間をかけるよりも、より治療に近い企業のやっている医療工学やら製薬会社、食品工学なんて分野の方が近いような気がします。ウエスタンブロッティングばっかりやっても、何も生まれないような気がする今日この頃です。

投稿: みちみち | 2007年1月13日 (土) 09時13分

> みちみちさん
最初は医薬品市販後調査(薬の副作用管理)が主たる仕事になる予定です.
いろんなことに関与させてもらいながら製薬会社さんの考え方・ビジネスパーソンの考え方など僕の構想(妄想?)につながる経験知識を学ばせてもらいたいと思っています.
やったことのない僕には解りませんが,基礎研究は結果が思い通りにでなくて袋小路のトンネルに入っているような気分になることもあると思います.それでも科学の発展に大事な土台ですから,エジソンのような精神(実験がうまく行かなかった時には,その方法は違うという確認をしたと考えて,ひたすら実験を続けた)で前に少しずつ進んでください.(^^)

投稿: 夢見るK | 2007年1月13日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/13365569

この記事へのトラックバック一覧です: 白衣を脱ぐにあたって..:

« 避けられない医療崩壊 | トップページ | 夢の医療データベース »