« 常識→自分の心が作る壁 | トップページ | タミフルは薬害?誰が得をしている? »

人を動かすもの(動機)

人を動かすもの,いわゆる動機は大きく二つの種類に分けられる.

toward motivation(積極的)とaway from motivation (消極的)である.

toward motivationは,それをしているとワクワクして時間を忘れてしまうような,自分からしたくなるようなmotivationである.

away from motivationは,それをしないとこうなってしまうとかいう恐怖・危機感から生み出されるmotivationである.

そして世の中の多くのこと・人はaway from motivationが基準で動いている.基本はイヤイヤなのである.

働かないと破産してしまう,これをしないと怒られる・笑われるといった恐怖が基準になってしまっていることが多い.

学校の勉強・仕事でも恐怖・危機の回避からイヤイヤやっている段階(away from)から,それをすることに喜びを見出せる(toward)ようになると,飛躍的に処理能力・到達能力が上がる.

動機をaway fromからtowardへ変換するのに大きな鍵は,学習である.学習・成長という,人間の基本的欲求を満たすことが重要である.困難・問題は一見,単なる苦痛である.でも,それを経験することに,学習・成長しているということを見出せば逃げることなく楽しく(?)進んでいくことができる

惰性で何かをしているときは,ただ今ある状況を守ろうとしている(失うことを回避するaway from).常に楽しみ続けている(何か得ようとtoward)人間でありたい.

|

« 常識→自分の心が作る壁 | トップページ | タミフルは薬害?誰が得をしている? »

コメント

こんにちは。

自分のワクワクを知って以来、私はtoward motivationばかりですね。

とはいえ、away from motivationを味あわない限り、何が自分のワクワクなのかが分からないのも事実で、ポイントはいつ自分がイヤイヤやっていて、それは変えることができると気付くか否かでしょうね。

昨日、多くの人は、子供の頃の習慣をそのまま引きずっているだけだとビジネスの師から教わりました。

大人になったら、子供の頃に見た夢や希望を見直す必要があるんでしょうね。

投稿: ますく | 2007年3月26日 (月) 12時19分

> ますくさん

ご無沙汰しています。ますくさんは理想的なtoward motivationの人生を歩まれていますね。僕にはまだaway from motivationがベースの行動・ストレスが多々あります。:-)

8割ぐらいの力でマイペースに進んで行きたいと思っています。

投稿: 夢見るK | 2007年3月27日 (火) 07時16分

誰かさんのせい?で、3ヶ月ほどアクセス不能になっていたので、逆上り式にコメントしております。
本題に戻りますが、もしかして家族を養わなくてはいけない、という足かせ?が、away from motivationへとさせしめているのでしょうか?
自分には、まだその責任を背負うだけの自信がありません。
というよりは、なるべく常にtoward motivationの姿勢で、仕事や学業に取り組んで行きたいので。

投稿: jacky | 2007年5月25日 (金) 12時31分

> Jacky天津さん

アクセス不能は、マジで僕の右に偏った記事だったからでしょうかね?:-)

ところで、家族を持つのは良いですよ。:-) 僕は自分勝手すぎて、修行中(?)ですが精神的に成長させてもらえます。
僕はこれでも、家族がいるために落ち着き気味に人生を歩んでいるつもりです。:-)
命さえあればやり直しができると開き直ってやれば、家族がいてもやっていけないでしょうかね。。。

投稿: 夢見るK | 2007年5月26日 (土) 20時41分

まあ自分の場合は、いろいろ考えすぎてしまうからなのかも。

投稿: jacky | 2007年6月 1日 (金) 00時08分

> Jacky天津さん

まあ僕より考える脳の細胞が多いんでしょう.:-)

投稿: 夢見るK | 2007年6月 1日 (金) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/14405343

この記事へのトラックバック一覧です: 人を動かすもの(動機):

« 常識→自分の心が作る壁 | トップページ | タミフルは薬害?誰が得をしている? »