« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

確実に失敗を避ける方法→何もしない人間

失敗は誰もが忌み嫌う.失敗を完全に避けようと思えば,何も言わない・何もしない・どうでもいい存在になろうとすることになる.そして,子供の頃の創造性を失ってしまうことになる.

大事なことは,失敗をしても,やり直しが出来るようにリスクを限定することである.人間のやることには100%はあり得ない.失敗する覚悟・備えがなければ,成功率99%であっても1%の失敗により破滅する.

失敗を批判し,創造性を摘み取ってしまわない気を付けたい.過度な完璧主義にはご用心を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

若さは最も高価な物

むかしどこかで読んだのだが、資本主義の元に生きる僕らは僕たちの限られた時間(人生)をお金にかえる作業をしている。優雅な生活を送りたいと思いお金のために働いている。投資はその作業の効率化を目指した活動である。

もし、30年の時間を提供するのと引き替えに、お金を3億くれるとすればどうだろう。僕の場合は63歳になり現金を3億もらえるという取引だ。僕にとっては、子供が成人して家族が全員自立するまでの養育費が必要であって、20-30年後のお金では意味がない。育児に参加してないが、たまに子供の姿を見て成長していることに感動しながら生きていることを実感するのが娯楽である。いつまで生きているか解らない各々の人生の今現在が何より大事である。今現在(若さ)が一番高価なものである。

この高価な若さをただボーッと義務で仕事しながら過ごすだけではもったいない。大事な大事な限られた時間(人生)を最大限活用しながら歩んでいこう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

尽きない欲→無限の向上心

人間の欲は尽きる事が無い,何かが達成できれば,次に何かを欲する.

風雨を凌げる温かい家に住み・食事を毎回食べられる.ちゃんと給料のもらえる仕事をして,自分と家族の健康にも恵まれる.これらが満たされても,勉強しない子供に怒ったり,地位・名誉・ありあまるお金を求めたりと人間の欲求は果てしなく続く.現在の状態に不満(不幸)ばかりを探すことなく,満たされていること(幸せ)に目を配ることで,「尽きない欲」を「無限の向上心」に変換し続けたい.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »