« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

日本の危機→勝機

今回は怠慢で遅ればせの記事です.
現在,仕事で香港にいます.久しぶりに日本人以外に囲まれて過ごして,ホトホト自分の英語力の未熟さを感じさせられます.American英語,British英語,Indian英語,オーストラリア人の英語,シンガポール人の英語,香港人の英語...presentationはまだ良いんだけど,discussionや親睦を深める日常会話には取り残されています.まず言っている事が拾えキレないし,自分の言いたいことがうまく表現できない...そのため自分から積極的にcommunicationできず,内向的になってしまう(以前,北京でいた環境を思い出します)..暫く日本にいて,日本人の間では出来る方だと思っていた怠慢を反省...地道にやるしかないなぁ..
話しが横に逸れたけれど,business meetingで感じるのは中国市場への関心の高さです.13億人もいる市場で,globalで活躍できる人材も大量にいます.日本の市場は別に扱われ,日本以外でのAsian-Pacificでcollaborationが進んでいっています.これは今の会社(外資系製薬)だけの話ではないです.
ただ医学の世界のevidenceになりえる臨床試験のlevelはまだまだです(私もまだまだ素人ですが,目にしたものは試験の目的・症例数設計などtop journalに載せてもらえるような品質ではないです).これが中国でできるようになるには4-5年はかかると思われます.
欧米では臨床試験のノウハウを持った製薬企業と臨床医師が対等の立場で結びつき,企業の利益・研究者の利益が一致して莫大な研究費がevidence作りに投入され,医学が発展しています.日本は製薬企業の臨床試験設計のノウハウが,臨床研究者にうまく移行できずevidenceが十分作られていません.中国では製薬企業がまだ臨床試験のノウハウを構築できていません.これが私の感じる中国に比べて5年程日本が進んでいると感じることです.
これが中国政府の戦略的動き(中国人のデータを求める流れ)と外資系製薬の中国市場への投資と重なると,evidence作りで少ないながらもAsiaで一人勝ちの日本もいずれ中国に抜かれるでしょう.
evidenceが幅を利かせている今の医学の世界では必然の流れです.
日本の医療従事者,当局etcなどなんとか伝手を作って働きかける必要を切に感じさせられます.

p.s. ちなみに日本は中国をいろんな産業で脅威に感じてライバル視していますが,中国は日本のことはライバルとも思っていません.(あまりに潜在力が違いすぎて当然といえば当然ですが...)
日本人よ目を覚ませ!! このままじゃ日本は終わりだぞ・・・!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

全ては自分が決めること..2

この頃,いよいよ時間の余裕がない...っとは言っても,臨床医を続けている友人に比べると申し訳なく楽な生活を送らせてもらってます...土日に仕事を家に持ち帰ることになっても,家族の予定はちゃんと立てられます.(臨床の時には,急患などで予定立てられないし,立てても急遽呼び戻しなんか茶飯事だったことを思えば..)

今日の記事は会社の同僚に宛てたmailの一部を引用(怠慢です)...
------------------------------
私の個人的なmottoとしては,「目の前にあるチャンスに挑戦するか挑戦しないかは,人が決めることではなくて,自分で決めること」です.
あの人がこうしてくれた,ああしてくれたからと言って決めるものではないと思います.それをすることで自分が成長できるか,出来ないかという尺度で物事を決めて行かれればと思います.
多くの人は,自分の今までやったことがないことをするのを嫌がります.手間と時間がかかるからです.逆にそれは経験したことのないことを経験するチャンスでもあります.結局,私たち自身の捉え方次第なのです.
一番障壁となっている御自身の殻をぶち破ってください.Awaken the giant within!! (自分の中にある偉大な力を呼び覚ませ!)
-------------------------------
毎日時間が足りないけど,夢に向かってkeep going!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

prideというknife

社会ではあらゆるところに見栄の張り合い(pride)の場面がある.人に馬鹿にされたくない,認められたいという欲(pride)があるからである.このprideknifeのような存在で,自分らしく生きていく身を守るものとなり,他人を傷つける道具ともなる.そのprideという凶器を,人を傷つけずに持ち続ける必要がある.

相手のprideknifeのように自分自身に向かって来る事がある.それをうまく収めて相手がprideというknifeを振り回さないように処理しなくてはならない.

どうすれば良いか...それは凶器を持った喧嘩と同じである.互いにprideというknifeを振り回す限り,どちらかが負けるまで続く.逆に相手をrespectして相手のpride (knife)を尊重することで,相手はknifeを振り回す必要がないことを理解する.そしていろいろ教えてくれる存在となってくれる.

相手のprideを自分の更なる成長の糧に!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全ては自分が決めること。。

ブログの記事を書くのを忘れてた。。。。週に一回でも辛いなぁ。。。
# いつもは週末に書いて月曜日に自動的にuploadなんだが、先週末は仕事で忘れてました。

今日のテーマは「全ては自分が決めること」
今の仕事でたまに遭遇するのが、「相手が○×してくれなかったから、私は△□(何か関連した仕事)をしない」という発想である。
臨床していたときには、こんな考えに遭遇したことがなかった。多分、こんな発想していたら目の前で、患者さんが死んでいく。そういう意味では、仲が悪い人同士でも患者さんを助けるという共通の目的のためには、そこまで意固地なことはしないのだろう。。。

相手が何かしてくれないと、何かの仕事をしないというのは非常に不合理に感じる。仕事をするしないは、人のためではなくて、自分のためである。その人の仕事のやりようが、結局その人自身への評価となって返ってくる。全ては自分で決めることであり、人がどうこうしたからするしないを決めることではないと思う。

こんなところに医者の世界と一般社会の違いを感じるのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »