« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

Big Pharmaに牛耳られたアメリカの産業

http://bumpei-126.blogspot.com/2007/05/big-bucks-big-pharma.html
上記のページにあるdocumentaryと,この本(まだ1/3しか読んでない)を見ると世界の製薬企業がどうなっているか理解する一助になると思う.
世界の医薬品市場の5-6割を占めるアメリカで起こっていること...製薬企業は薬の芸能プロダクションとなり,大物になるタレントの卵ならぬ薬を探し出して,それを世間にプロデュースすること...
ただこれは逆に,scientific evidenceを作り出すために活発な臨床試験を促し,世界でトップの医療水準を生み出す原動力となっている.

幸い日本ではここで紹介されているDTC (direct-to-consumer)には規制がある.

Big Pharmaは売上40兆円クラスの企業で競いあっている(トヨタでも20兆円くらいで,しかも売上に対する利益率は製薬産業は異常に高い).アメリカでは薬剤費に上限がなく(?),猛烈に医療費が高騰していっている.製薬企業は利益を上げつづけ,アメリカの地元産業は高騰する従業員の医療費負担のため,コスト競争力が落ちていく...アメリカで公的保険が実現しないのは,保険会社が反対して潰しているより,製薬会社が潰しているのではないかと疑っている.公的保険により薬剤価格の上限をつけられるのを避けるためである.
一方,日本は公共保険により医療費を抑え,基幹産業のコスト競争力を維持する一助となっている.

日本の製薬企業の現状は...トップのT社でも研究の主力はChicago,D社も海外だそうである.日本の開発環境・市場を考えるとますます厳しい環境である.

globalな製薬業界のdynamics少しずつ理解しながら,なんとか日本の医療環境が次世代により良い状態で残したいものである.

そのためには,医療を,現在の単なる国家予算の消費の産業から,globalな製薬業界の潮流を捉えて生産の産業への転換が必要である.

以下に課題...,
1. 国家単位の戦略的体制変化
現在は如何にして医療費を抑制するかしか考えていない(?)

2. 臨床試験への多大な制約
本音と建前の実態と乖離した非合理的な制約の撤廃,及び新たなルール作り

3. 患者の意識が変わること
今の日本人の医療費は安く・どこでも均一のレベルで受けられることが当然と思っている常識が変わらなければならない

これを実現するには人脈とビジネススキルの習得が必要だ...課題が多すぎて消化不良...

...とりあえずまだ捉えキレてないこの業界の仕組みをもっともっと理解したい.
書きたいことはまだまだある(自分では言いたいことの3割りぐらいしか言えない)がこの業界で学んで生きていくためにこの辺で....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

責任を伴わない自由はない→自由は責任を持つこと

自分で好きなように決められる(自由)ということは,自己責任が伴う.自分で判断して自分で選択した結果責任を持つことである.それを唯一免れるのは子供である,子供は責任を持てない為,決定権を親に委ね自分で決める自由を制限される.子供には成長と共に自分で決める自由を与えてやりながら,同時に結果責任が伴うことも学んで欲しい.

何かの結果を国・会社・他人の責任になすりつけるような人間にはなって欲しくない.自由だけを求めて責任を取れない人間にはならないように! 

成人すれば、結婚・仕事を含めて全て自分で決めることができる。そこで満足できずに他人に責任をなすり付ける前に、別居・再婚・転職いくらでも選択肢がある。。。一番避けるべきは文句だけ言っていつもと変わらないことをすること、文句・不満があるならそれを打破するためにやることを変えないと何も変わらないのは当然である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

変われる人間が生き残る

至極当然だと思うのだが、環境が変化してもその変化に対応できる生物が生き残る。環境が変わって前のやり方が通用しなくなったのに、頑なに同じやり方をやり続けても生き残れない。(1) 今までこれでうまくいったのだから今までのやり方を頑なに続ける、(2) 環境が変わったことに文句を言い続けるこれでは生き残れない。

必要なことは、今の環境は前のやり方を続けてうまく行くのか行かないのかを意識して、うまく行かないと思えばやり方を変えることである。常に環境は変化しているので、定期的に現在のやり方がうまくいくかいかないかを検証する必要がある。

私の勤めている会社はどんどん環境が変わっている。以前は新薬もなかなか出ない成熟した状態であったが、現在は新薬・合併と目白押しで成長期にある。それに合わせて会社の組織も変化がある。そんな中で同僚には変化に対応できていない人もいる。会社から求められていることと、本人のやっていること・やろうとしていることに解離がある。。。「本人にはこうした方が良いと思いますよ」っと気付かせてあげようとしているんだが、「今までこれでうまく行っている」と言って頑なに今までと変わらない。。。本人に危機感がない限り難しい。。。一番困るのは本人なんだけどなぁ

人間関係が壊れない程度に認知療法を施していくしかない。難しいのは患者さんは少なくとも本人に危機感があるので人の話を聞くが、この場合は本人に危機感がないので話を聞いてもらえない。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医療が崩壊しても困る人は限られている

久しぶりのちょっと医療崩壊ネタ.
日本の医療体制は崩壊の危機であるのは,医療従事者には周知の事実です.
この問題は根が深くて,これを解決するには世界のどこもやってないような革新が必要です.
こうやって言っても一般の人には実感が湧かないし,崩壊しても気づかない人が多いでしょう.実際に病気になって医者に見てもらわないと後遺症が残るような病気は,働き盛りの一般人には少ないからです.だから完全に崩壊しても,皆それなりに困らず生活できるんです.悲しいかな,車のシートベルトと一緒で,事故(病気)になってからでないとその存在の有難味と問題には気づけません.医療従事者が必死に叫びを上げても,一般の人には実感はしてもらえません.皆自分のことと思ってもらえないんです.
.....こんなことは判っていながら,医療崩壊を好機に変えていくヒントを求めて,製薬企業で勉強させてもらってます.思った以上に多くを学ばせてもらって感謝する限りです.
いろんな途上国の人と話しながらglobalの中での日本を意識し,自分の日本人に生まれ落ちた幸運に感謝感謝.典型的日本人の考え方に陥らないようにしながら,日本のためにできることの夢の構想を膨らむばかりです.
# 相変わらず夢ばかり...stay foolish!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »