« 心に残った映画「天国で君に逢えたら」 | トップページ | 「恨み」を忘れることが平和の基礎 »

バンコク出張

久しぶりに発展途上国に足を踏み入れた.中国によく似た感じで,短期間のうちに経済発展し貧富の入り乱れた国である.

会社の同僚と近くの高級ホテルに食事に行った帰り,道端にやせ細った6歳ぐらいの女の子がゴザの上に横たわっていた.母親と兄弟と思われる家族が近くにいたものの,その女の子は弱々しく息をしているのみであった.栄養失調か,AIDSなのかわからない感じで,小額のお金をあげても何も解決にならない.それでも,自分の欲・罪悪感の癒しを求めて,小額のお金を置いてきた.

先進国では見ることのない子供のホームレスを見ると,中国・タイなどの中進国でもこの状況で,世界では多くの子供がもっとひどい環境で生きていることに改めて気付かされる.

自分の今の生活はただ私が日本人だったからである.我々の先人が,次の世代の事を考えて動いてくれたからである.自分の孫の世代のことを考えると,今の我々の世代が動かなければ日本で同じ事が起こる.中国を離れてそんなことを考えることも少なくなり,日本の常識・平和ボケから目を覚まさせてもらう良い機会であった.

Stay foolish, keep going

|

« 心に残った映画「天国で君に逢えたら」 | トップページ | 「恨み」を忘れることが平和の基礎 »

コメント

そうですな~。
日本人は、本当に平和ボケし過ぎかもしれない。
だからこそ、すべての物事を平和ボケのバロメーターで判断し、こんなはずじゃなかった、という問題に直面することしばしばである。
凡人は自分のことだけで精一杯だから、なかなか他の人のことにまで気がまわらない。
もし皆が、すこしでも現実を直視し、物事を客観的に捉えることができたら、今の社会問題や政治問題はもっとよりよい解決法を導き出せていたかもしれない。

投稿: jacky | 2008年1月22日 (火) 17時29分

> Jackyさん

日本に住んでいると,世界は日米欧の三極が世界の中心で,中国をライバル視しているように感じるときがあります.
でも実際は,米欧で世界は動いて,日本は蚊帳の外,中国からは日本をライバルとも思われてないという状況にあるんですよね.
世界で何が起きて,世界の潮流のどこに日本が位置するか意識するのを心がけたいです.

投稿: 夢見るK | 2008年1月27日 (日) 03時45分

さすが元北京駐在員。言うことが違うね!
その通りです。中国は、日本をライバル視なんかしてません。
ただ、付き合いの長い隣国として、相互関係を築き、お互いの発展を願いつつ、自国の発展に利益をもたらしたいだけのようです。
対等に渡り合えているのは、EUか米国ぐらいじゃないですか?

投稿: jacky | 2008年1月28日 (月) 17時36分

> Jackyさん

個人的には日本は欧米・中国に肩を並べるというより、どうやって生き残るかを考えた方が良いと思うんです。。。
# 国連の常任理事国入りとか、品格、国際貢献がどうこうといった体裁を気にする必要は乏しいという意味です。

投稿: 夢見るK | 2008年2月 4日 (月) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/17388855

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク出張:

« 心に残った映画「天国で君に逢えたら」 | トップページ | 「恨み」を忘れることが平和の基礎 »