« 初めての正月休 | トップページ | 他人と比較せず,自分自身と比較すること »

過度の責任と完璧を強いると何もしなくなる

過度の責任や完璧を強いると人間は何もしなくなる.それはリスクを避けるという当然の行動である.何もしなければ,糾弾されずに済むからである.今のマスコミの過度の責任追及,完璧を追求は,返って状況を悪くしている.

また,この「過度の責任と完璧を強いる害」は会社・夫婦・親子の小さな人間関係でも同じである.相手に何かさせたいと思えば,相手の手助けをするけど責任は自分が取るという行動である.Leadershipにおいても重要な事項に思う.

|

« 初めての正月休 | トップページ | 他人と比較せず,自分自身と比較すること »

コメント

まあ、今世の中で、救急受け入れのたらい回しによる患者の死亡が問題視されているが、ある意味国民は自業自得であろう。医師は神ではないのだから、すべての患者を100%助けられる訳がない。それを、助けられたはずなのに殺された、と根も葉もない言いがかりをつけられて、すぐに訴えるのはどうかと思う。
結局、今まで尽力を尽くしてきた意思達までが自己防衛のため、ちょっとでも自信がない症例だと、受け入れ拒否してしまう。これは、当たり前で自然なことなのに、何で分からないんだろう?そのとばっちりを受けて、たらい回しにされた挙句死亡した患者の遺族たちは、今医療訴訟を率先して起こしている連中に、その是非を問うべきなのではないか。

御家中の事、お察しします。結婚、どうするかな~?

投稿: jacky | 2008年1月22日 (火) 17時08分

> Jackyさん

確かに,不合理に過度な安全志向が変わらないと難しい話です.
どこまで国・社会システムが傾いたときにこのmindsetが変わるかというところでしょうね.
安全・organizeされた状況を維持するにはお金がかかるっていうことを忘れてるようです.

投稿: 夢見るK | 2008年1月27日 (日) 03時32分

たまにある話しだが、日本のすべてが最も優れていると、勘違いしてる人達を見かける。
未だに、日本の医療が最高水準だと信じて止まない人もいれば、日本の薬が最高だと思い込んでいる人もいる。もしそうだとしよう。
ではなぜ、日本の薬が世界で受け入れられていないのか?
移植なんかもそうである。日本政府が、移植に待ったを掛けている間に、中国ではどんどん移植手術をこなしている。外科的な技術だけ比較したら、日本と遜色ないか、それ以上になっているはずだ。ただ、中国では衛生管理面が未だ発展途上なので、いろいろと弊害はあるのだが。しかし、これは時間の問題なだけであって、ここ数年のうちにクリアされるであろう。
日本の安全神話が崩壊した時に、初めて現実を目の当たりにする俗人が、かわいそうである。

投稿: jacky | 2008年1月28日 (月) 17時25分

> Jackyさん

確かにglobalでの日本の位置づけを意識できている方は少ないですよね。(普通に日本で住んでいたら当然そうなると思いますが...)

投稿: 夢見るK | 2008年2月 4日 (月) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/17605338

この記事へのトラックバック一覧です: 過度の責任と完璧を強いると何もしなくなる:

« 初めての正月休 | トップページ | 他人と比較せず,自分自身と比較すること »