« feedbackがなければ成長できない | トップページ | 部長になるときに約束したこと »

今は我慢のしどころなのかなぁ・・・

いつものことだが次の挑戦がしたくて仕方がない...
自分なりに精一杯吸収したいと思い,新しい職場で常に研修医のつもりで働いた.そうして自分の3ヶ月前に比較するとスキルが伸びたと実感して,次の3ヶ月を頑張ろうと思えた.そうやって自分なりの最善をつくして働いていると,幸い周囲も評価してくれて食うに困らない給与を頂き,魅力的なpositionを提供してくれた.ただ,まだ若いうちは挑戦を続けようと思い職場を変わって来た.
どんな職場でも,慣れてくると少しダレテきて,成長の伸びが鈍化する.現在の職場で14ヶ月が過ぎて,自分で成長が実感できなくなってきた...

そして「次の挑戦をするかどうか」のpros & consを考えてみよう.

まずpros
1. 新しいスキルを身に付ける機会がある.

2. 自分がまだ若いうちに,子供もできるだけ小さいうちが,転職・挑戦のチャンスが大きい.
新しい領域への挑戦は,40歳を過ぎると急激に難しくなる.会社側が30歳台は少しは育てようと思って採用するが,40歳台は即戦力を期待するため.

3. もっと給与水準の良いところへ行ける可能性がある.
現時点では,給与水準より得られる経験を重視しているのであまり主たる理由にならない.
ただ現在の会社は,今回「課長→部長」の昇進でさえ結局+3.6%/月程度の昇給だった.採用されるかどうかは別にして,新しい領域の経験+現在より数百万/年以上の案件をagentが持って来る状況を見ると,現在の会社で長く勤める合理性は?.

3. 現在の会社入社の際に2-3年で良いから来てくれと言われた
こう言ってくれた上司はもう替わってしまったし,入社時のlip serviceの可能性が高い?

そしてcons
4. 転職により一時的に経済的不安定になる

5. あまり短期間で職を変わること自体は経歴にマイナスだろう
ただ,このマイナスを,得られるスキルが上回れば,問題なし.

6. 現在は借り上げ社宅で,また引越ししなければならない.(ほとんど妻任せになっているが..)

7. ライン部長(部下を持つ)という経験は貴重.
能力があれば将来いくらでもチャンスは来るだろう.40歳になっても,ライン管理職になる機会はあっても,新しい領域に転職する機会はない.→あまり強いconsにならない?

8. 現在の職場に迷惑をかける
現時点で,自分のできる会社への貢献はできる限りのことをやり,私が抜けて替わりをやってもらえるように部下の育成もやっている.
又,社内で最年少部長という待遇までしてもらっているのが心苦しいところだが,これは肩書きだけで給与はそれに見合って増えてない.単に責任・ストレスが増えたのみでもある.

9. 現在の職場だけのスキルだけでは,自分の馬鹿夢は達成できない.

こう整理して,最後の踏ん切りが出来ない一番の障壁は,私自身の漠然とした不安(合理性を欠いた恐れ)・惰性・怠慢である.
私の信条は,「自分の人生の責任は自分で持ち(自己責任),他人(会社・国)に持ってもらうつもりはない」...合理的に考えていくと,必然的に取るべき行動が見えてくる...

|

« feedbackがなければ成長できない | トップページ | 部長になるときに約束したこと »

コメント

ご無沙汰です。

次の挑戦を考える上では、
最終的な夢の実現には、どの様なスキル、経験、友人等が必要であって、それをいつまでに、どういう形で身に付けて行くか。
これを長期・中期・短期で捉えて整理し、自分がどの辺に居るのかを冷静に分析整理した上で考える事が必要かと思います。
この分析には当然、自分の事以外に、家族計画(子供の成長等)も折り込まなければ単なる自分勝手な人間になってしまうと思います。

あと、現状会社への貢献が本当に出来る限りの事なのかどうか?自分の組織が会社の方針に合致しつつも、自立的自発的に活動でき、成果を上げる事ができる組織なのか?決められた事を右から左へ流すことができるだけで満足していないか?

それに、肩書きが変わるだけでは、報酬は劇的には変わらないと思います。会社の期待の度合いおよび、会社の期待度を上げるだけの、予想以上の成果を上げたかどうかが評価のポイントになります。

かなり自分への戒めを込めていますが。。。

投稿: matt | 2008年5月 6日 (火) 00時21分

> mattさん

こちらこそ,ご無沙汰しております.彼の地で無事に元気に過ごされているでしょうか? :-)
さすが企業人としての深遠な御言葉で,ありがとうございます.

「夢の実現」と「家族を養う」という相反する命題にいつも悩まされてます.ただ,家族がいてくれるから,まだこれぐらいに落ち着いている方なんだと思っています.
家族を養い安心感(安定)を与えながら生活すること,他者からの評価,周囲の反対etc.の環境(客観的)を考えれば思いとどまるべきですが,自分自身の心に素直になり夢に向かって自分の一番やりたいこと(主観的)からすると直ぐに移るべき...

上記の記事は連休の直前に書いていたのですが,この連休をゆっくり過ごして現在のところ私の中での結論は変わっていません.今,目前にある課題に全力で望み,会社・部下・同僚・上司への影響を最小限に抑えながら,夢のために次のスキルを追い求めたいと思っています.恐妻いや愛妻の了解も得られましたし...:-)
ついつい仕事が忙しいと言い訳をしてしまい,面倒くさいことを先延ばし傾向になりますが,自分を戒めて一番手間がかかること(若いうちしか出来ない新たな挑戦)に望みたいと思っています.

投稿: 夢見るK | 2008年5月 6日 (火) 22時33分

まあ焦る気も分かるが、いわゆる成長というのは放物線上に伸びていくものではない。
実際には、階段式に成長していくものである。つまり、最初少し伸びても、しばらくはそのレベルの状態が続いて、ある時また少し上がる。万物に於ける成長とは、この繰り返しの延長である。
もちろん意識的に問題点を常に掲げて、それを改善すべく不断の努力と試行錯誤を繰り返している人間に限っての話だが。
何もせず、日々ポーッと過ごし、何となく自然にレベルアップできることを期待している凡人には、この成長はありえない!
何事もそうであるが、天・地・利が一致したタイミングを見極める事が大切である。
スキルアップする環境を変えるのもいいが、そのタイミングを見誤ると、すべてがやり直しになりかねなく、かなり苦労することになるのでは?ジャンプアップしていきたければ、忍耐強く機会を待ちなさい!

投稿: jacky | 2008年5月 7日 (水) 13時12分

> Jackyさん

かなり常軌を逸した人生を歩まれているJackyさんにまで「もう少し待て」と言われるということは,私の発想はそれを超える異常行動なんでしょうね.:-)
Jackyさんの言われる階段状の成長はその通りと思っています.私の場合は,それを自らの置かれる環境を変えることで達成してきました.
周囲の環境を大きく変えるより,自らが変わって新たな挑戦を続けていました.そしていつも一番の障壁は,自分に内在する変わる事への不安でした.
現在もまた同じ状況です.一番の問題は,自分自身の安定してストレスの少ない生活を送りたい・変わる事への不安がこの問題を先送りしてしまっています.
それと年上の部下を持つにあたり考慮した大事な他の理由があるのですがそれは次回の記事として書きたいと思います.

投稿: 夢見るK | 2008年5月 9日 (金) 00時01分

ある意味、『自分自身の安定してストレスの少ない生活を送りたい・変わる事への不安』に対する折り合い地点を見極めるために、適当なタイミングを見計らう必要があるんじゃないか?
そうじゃなければ、ただの猪突猛進、暗中模索、五里霧中、って状態になるだけでしょ。
本当の意味での君子になるためには、忍耐強く時期を待つ術をも身に着けなければいけないのでは?

投稿: jacky | 2008年5月 9日 (金) 16時01分

> Jackyさん

会社の同僚にも話したら思いとどまるように促されます...皆さん私のことを思って(jackyさん・mattさんも)再考を促してくれるのは,それだけ心配してもらえる人間関係を持てて有難い限りです.ただ,私は自分の中で結論を出してしまうとそれに向かってないと気がすまないせっかちな性格で...
そんな中で,唯一,むしろモタモタせずに早く転職しろと言ってくる人がいます.恐妻いや愛妻です.彼女は私の性格をよく理解していて,言い出すと聞かないから,宙ぶらりんの状態じゃなくてどうせ辞めるんなら周囲にツベコベ言わずに進め!と...いつも次の転職先を決める前に,勤務先に退職を言って,それから次の食い口を探して来たのですが,それが一番ストレスなようです.何はともあれ,できるだけ周囲に役に立って去る方法を模索します.子供3人養うのに路頭に迷わないようにはやるつもりです.:-)

投稿: 夢見るK | 2008年5月11日 (日) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/41006736

この記事へのトラックバック一覧です: 今は我慢のしどころなのかなぁ・・・:

« feedbackがなければ成長できない | トップページ | 部長になるときに約束したこと »