« 新しい挑戦への決意表明 | トップページ | 3人の医師に誤診された患者 »

ガイジンらしいリストラ

USでは,「great job!」「well done!」と上司に賛辞を並べられても,その1週間後にはレイオフされるとの話しがあるが,今までは日本はさすがに法律上そんなのはないだろうと思っていた.  今の会社で本社のお偉いさんの訪日が無事終わったと思ったら,日本でもdrasticなリストラがあり,業務上関わりのあったUS本社のスタッフも解雇された.
それでも,会社都合で解雇されると退職金が多く詰まれて去るようで,案外リストラされた人の表情も思ったほど暗くない.(自己都合で退職の自分には関係のない話しで,肩叩きに会わず嬉しいの半分・悲しいのが半分...)

会社員としてリストラを目の当たりにするのも自分にとっては良い経験だ.会社の先行きを予測するとこれも序章に過ぎないだろう...そう思って,自分の部下に「気付き」を促しているので,わかってくれてれば良いのだが...
本来,あまり会社を去る立場の人間が考える必要のない話だが,これから1ヶ月で懸案の最後の一仕事(?)をなんとかせねば...恐るべしガイジン上司.

|

« 新しい挑戦への決意表明 | トップページ | 3人の医師に誤診された患者 »

コメント

まあ、欧米人を信じること自体ナンセンスなような気がするが。
あいつらの思考回路に、プロセスなんてものはないからね。要は結果がすべての世界ですよ。
ある意味、外資系にいる限り自分自身との挑戦がすべてなんだから、外人上司の顔色を伺う事はまったく意味がない。

投稿: jacky | 2008年6月24日 (火) 11時07分

> Jackyさん

外資系を2社経験して,日本人との感覚の違いを随所で勉強させてもらっています.

投稿: 夢見るK | 2008年6月29日 (日) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/41543339

この記事へのトラックバック一覧です: ガイジンらしいリストラ:

« 新しい挑戦への決意表明 | トップページ | 3人の医師に誤診された患者 »