« 3人の医師に誤診された患者 | トップページ | 鳥インフルエンザも念頭に置いた,インフルエンザワクチンを受ける意味 »

優先順位をつけないと

いつもながらあれもこれもしないと...と思いつつもどれも手についてない.→優先順位をつけなくては..
自分で想定した以上のスピードで決まった渡米話のおかげでやること多すぎ...妻は入院するは,身辺整理のストレスで効率は落ちてるし...まあ身から出た錆びなので文句の言いようもないが...

ついつい時間に一層せっかちになって,子供にきつく当たってしまう.
わかっていても数ヶ月は,落ち着きなくバタバタしてるだろう...

blogを書く余裕も少ないので今日はここまで..

|

« 3人の医師に誤診された患者 | トップページ | 鳥インフルエンザも念頭に置いた,インフルエンザワクチンを受ける意味 »

コメント

この状況で突っ込みを入れるのもなんだが、このブログ、もはや愚痴りサイトと化してるような気がするんだが。
家庭の医学はどこへ行った~?

もうさ、じたばたしてもしょうがないんだから、家庭のことを含めた身辺のことをベースに、渡米の日程を決めたら?

投稿: jacky | 2008年7月 2日 (水) 11時58分

> Jackyさん

いやぁ、確かに愚痴が多くなってますねぇ。。。positiveに行かないといけませんね。
とかいいつつ、今度は真ん中の娘が熱を出して、経過からすると気管支炎→肺炎が疑わしいんです。とりあえず家にあったAMPCを飲ませ始めて、熱が落ち着けばよいのですが。。。いやはや、落ち着かない。。。

投稿: 夢見るK | 2008年7月 7日 (月) 00時15分

↑ 意外とマイコプラズマじゃない?
こっちの某幼稚園なんて、園児の6割がこれに集団感染したんだから、ついこないだ。

投稿: jacky | 2008年7月 7日 (月) 13時24分

> Jackyさん

年齢的に好発年齢かと私も念頭に置いていましたが、結局、高用量AMPCでよくなりました。聴診上は一部が無気肺になっている感じでビビっていたんですが、無事なんとかなりました。
ところでこの高用量AMPCは日本の耳鼻科の先生に急性中耳炎の急性期を過ぎて受診して処方されたものでした。日本の耳鼻科の先生で高用量AMPC(>100mg/kg)を使うのは珍しい、よく勉強している先生だと思い込んでいました。今回、そのとき出された他の咳止め・去痰剤の投与量を見たら。。。なーーんと、どれも超高用量。結果として、単に用量間違えて処方されているとしか思えません。。。っと自分が医者であることに改めて感謝してます。どうりで処方されているAMPCが133mg/kgとかなり大胆な容量だったわけでした。。。でもそのおかげで入院せずに済んだとは思ってますが。。。

投稿: 夢見るK | 2008年7月14日 (月) 02時16分

↑ ていうか、完全に大人(体重60キロくらい)の用量じゃないか!
結果オーライだったからよかったものの、とんでもないもうろく医者やなー!
まっ、細菌性かマイコか迷ったらジスロマックあたりが無難ですな。

投稿: jacky | 2008年7月14日 (月) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/41542248

この記事へのトラックバック一覧です: 優先順位をつけないと:

« 3人の医師に誤診された患者 | トップページ | 鳥インフルエンザも念頭に置いた,インフルエンザワクチンを受ける意味 »