« 製薬業界のMD | トップページ | Trust easily until proven otherwise »

2回目の海外赴任

2008年の7月末に渡米してSan Franciscoにやって来た.
前回は,中国(北京)に赴任していた御蔭で,今回はほとんどculture shockがなくsettle inしている.最低限の言葉は通じるし,マナーも良い.日本の食材,日本人のcommunityも大きく,あまり外国に来たという感覚がない...中国の時にはいつも毛穴を引き締めておくような緊張感があったが,今は日本にいるときのように日常生活の中で緊張感に乏しい.
職場も自宅も治安が良く,気候も快適である.
逆に,中国のときに常に感じた日本人として生まれた有難みに乏しい.世界の大きな厳しい格差社会を肌に感じにくい.
このまま何気なく過ごしていては,成長できないという危機感を感じつつ,ついつい惰性に走ろうとする自己との新たな勝負である.
アメリカ人に混じって,ノンビリ生活をしていては成長できない.

|

« 製薬業界のMD | トップページ | Trust easily until proven otherwise »

コメント

アメリカ生活も落ち着いたようですね。
サンフランからシリコンバレー~カーメルは、以前妻の生息地で私も旅行でちょくちょく行っています。
シリコンバレーはどの辺でしょうか?
スペイン語系の地名が多いのが印象的ですが。。。

私もそろそろ北京生活も終盤に差し掛かっており、次の赴任地が何処かが家族の話題の中心です。

投稿: matt | 2008年10月 8日 (水) 01時35分

> mattさん

おー久しぶりです.私の方は,相変わらず職場と自宅の往復ばかりで,indoorに走りがちです.....恐妻いや愛妻に愛想つかされながら無理やり外出させられてます(?)が...住んでいるところはFoster Cityというところで生き長らえています :-)..
# そのうち米国内出張しないといけないので時期に地理もわかるようになると期待してますが...

ついに北京生活も終板なんですね.時間が経つのは早いです.次の任地が楽しみですね :-)
San Franciscoに来られたら,小さな部屋ですが泊まりに来てください! ○×くんもすっかり大きくなって,ますますお父さんに似ているかと想像してます.:-)

投稿: 夢見るK | 2008年10月 9日 (木) 10時01分

まあな、2年もいたのに一言もチャイ語しゃべれないだから、そりゃあ苦痛だろうよ。まっ、俺は中華圏にいる方がのびのび出来ますので。
しかし、北京にいたときに一度も家にあがらせてもらえなかったのに、米国に行ったら泊まらせてくれるんかね?かみさん。

投稿: jacky | 2008年10月 9日 (木) 21時56分

> Jackyさん

久しぶりです!
ところで北京駐在時には、家に上がらせてもらえなかったでしたっけ??
# 恐妻いや愛妻は覚えがないとか言ってますが。。。

どちらにしろSan Franciscoに来られた際は泊まるところは提供できますよ。:-)

投稿: 夢見るK | 2008年10月13日 (月) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/42606099

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の海外赴任:

« 製薬業界のMD | トップページ | Trust easily until proven otherwise »