« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

やっぱり層の厚さ。。。

先日、とあるMD/MBAの方のセミナーに参加した。
http://www.skylineventures.com/team/yasunori_kaneko.asp

御自身でBiotech(バイオベンチャー)を3社の上場に関わり、現在はVC(800億)を運営している凄い経歴の方だった。
その中で出資される際のポイントは、
1. CEOの人柄
2. 職場の雰囲気
3. ビジネスプラン
。。。の順で重要だそうだ。Biotechは実験結果で方針はころころ変わってしまうために、ビジネスプランは半年後には変わっていることが頻回であるためにビジネスプランの優先順位は他のCEOの人柄や職場の雰囲気より下がるとのこと。

基本的に車で30min程で実際に会いに行けるところにしか出資されないので、日本企業には出資したことがないそうだ。ただ、日本のバイオベンチャーが育たない原因を何と感じるかと会場から質問された時の答えは、「層の厚さ」とのことであった。
確かに、製薬業界に入って、周辺産業を含めて層の厚さの違いをいつも決定的に感じている。ピラミッドで例えると、その底辺がむちゃくちゃ大きい。そのためにその頂点は非常にレベルの高いところまで達する。
決定的に資金力・人材の層に差があるからこそ、常にアメリカより先進的な制度を作っていかないと、日本の医療産業は発展できないと改めて感じた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

You can't change what you can't control.

怠慢でblogが書けてない...手抜きで手短に...
たまたま見かけた意味深い言葉 「You can't change what you can't control.」
私を含めて皆(?),自分の能力を磨いて行きたいと思い(自分を変える)つつ,日常を平凡に過ごしてしまう.人間なので,何か目標を強く定めないとついつい楽な方に流れて,惰性で過ごしがちだ.

「自分自身をコントロールできなければ,自分自身は変えられない.」
「社会を変えたいと思えば,自分自身が変わらなければ変えられない.」
...そんな単純・明白なことを改めて感じさせてくれる良い言葉だ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »