« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

日本人であることを恥じるとき

このところ出張が立て込んでかなり忙しくしていたため、ブログを一回飛ばしてしまった。
普段は日本人であることにいつも感謝しているが、先日の出張では日本人であることを恥じる出来事があった。
ある米国の移植医と話をしていた際、アジアでは臓器売買による移植が多いということが話題になった。すると同僚が、「その臓器を買いに行っているのが日本人なんだろ?」と、私は言葉に詰まりながら同意せざるを得なかった。
自国で移植ができず海外に移植を受けに行くのが当然になっているという日本の現実は、先進国としては異例で、先進国としての責務を果たしてないばかりか、倫理的にも許される話ではない。
脳死判定に不備がどうこう・脳死判定をもっと厳格にどうこう。。。といつも話題になるが、助かっても植物状態の患者さんの人権が、海外の臓器提供者(日本のような厳格な脳死判定をしてない)人権・臓器を買っている日本人を暗躍させる現実を正当化できるとは思えない。

世界的な外国人の移植を制限する流れ(自国民にのみ移植を行う)から、近年中に海外での移植の道が閉ざされるという現実に直面し、やっと移植法の改正も行われそうである。
どんな規則・法律を作っても、それを悪用する人間は必ずいる。それを絶対に防止するように規制しようとすればするほど日本の移植医療は進まなくなる。日本人はなんでも完璧を求めがちだが、そのriskとbenefitのバランスを常に考慮する必要がある。
移植の話に限らないが、ただやみくもに完璧を追求するより、それを追求するriskは、benefitを上回るのか? そんな損得勘定をできる感覚が大事だと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日本のサービス品質

ついこの間、Bostonへ出張して、Westinホテルへ泊った。一泊260ドルかかり、それなりのグレードのホテルだと思うが、従業員の接客マナーはいま一つ。
ドイツでMaridian(?)ホテルで泊まった印象、日本のWestinは泊まったことはないが会合で何回か利用した限られた経験の中では、日本 > ドイツ > アメリカでホテルの接客マナーが良い。
日本のサービス業の接客マナーは世界一流だと感じる。それとも、アメリカが悪すぎなのか。。。

話は変わるが、今の会社はいつも厳しい資金繰りだが、ついこの間まで部長クラス以上は国際線はビジネスクラスだったり高級ホテルに泊まれたりと、大企業より気前が良い。 社員ながら先を案じる。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今を生きる

医師の先輩の悲しい知らせを聞いた.余命は半年を切っているようだ.
本人は医師ゆえに淡々と自分の現状を受け入れられている.
現代,しかも先進国の日本に生まれ育ち,子供が自分より長生きすること,60-70歳ぐらいまでは生きられるだろうということを,当然の権利だと思いがちである.
でも,自然の厳しい摂理の中で,誰がいつまで生きられるなんて誰にもわからない.
人間はいつか死ぬんだという厳しい現実を常に意識して,「今を生きる」大切さを改めて感じる.これからも後悔しない人生を歩んで行きたい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »