« 今を生きる | トップページ | 日本人であることを恥じるとき »

日本のサービス品質

ついこの間、Bostonへ出張して、Westinホテルへ泊った。一泊260ドルかかり、それなりのグレードのホテルだと思うが、従業員の接客マナーはいま一つ。
ドイツでMaridian(?)ホテルで泊まった印象、日本のWestinは泊まったことはないが会合で何回か利用した限られた経験の中では、日本 > ドイツ > アメリカでホテルの接客マナーが良い。
日本のサービス業の接客マナーは世界一流だと感じる。それとも、アメリカが悪すぎなのか。。。

話は変わるが、今の会社はいつも厳しい資金繰りだが、ついこの間まで部長クラス以上は国際線はビジネスクラスだったり高級ホテルに泊まれたりと、大企業より気前が良い。 社員ながら先を案じる。。。

|

« 今を生きる | トップページ | 日本人であることを恥じるとき »

コメント

ちなみに、君の役職は部長クラス以上なんか?

欧米諸国の中で、アメリカ人とイギリス人は最悪だね。
あいつらは、人を見下す習慣があるように感じる。
逆に言うと、こういう連中はステイタスやポジションが高い人間に弱く、ヘコヘコしだすものだ。
あほらし!

投稿: jacky | 2009年4月13日 (月) 14時05分

うちは時たま運良くカウンターでビジネスクラスにと言う事がありますが、航空機の移動は基本的にエコノミー。
それもディスカウントチケットがスタンダードです。
部長クラスも同じ。ビジネスに乗れるのは役員以上。かれこれ10年以上やっています。

たまたま、北米の製造販売子会社の管理を担当しており、今度そこの幹部が日本に出張できますが、
奴らの宿泊ホテルは大阪のリッツカールトン。
日本人が海外子会社の社長として派遣される場合、部長クラス以上の人ではあるがそんな所には泊まれない。

ふざけるなと言いたい所だが、何事にもステータスを重んじる文化で育った人たちだから仕方が無いか。
日本と違い、種々雑多な人たちの集まった所では、会う人会う人一見さんである機会が多く外見で判断する・される部分もあるのだろうか。

とは言え、少なくとも製造業ではその様な事は通用しない。北米の自動車メーカーの行く末が話題に上がっているが
根底からその様な考えでは日本を含めた海外メーカーとの競争には到底勝てない。
これまではいろんな意味の政治力で何とかしていたのではないかと思う。そう言う事に関しては長けているのだが。
個人的には素直に退場して頂く事を願っているが。。。

それはさておき、日本のサービス、過剰すぎるくらいですね。
何もそこまでしなくともと思うことも多々。
勘違いした消費者を大量生産して行かないかとても心配です。


投稿: まっと | 2009年4月19日 (日) 07時31分

> Jackyさん

私の肩書は「次長」で「部長」じゃないです。:-)
飛行機には1回を除いてエコノミー以外に乗ったことがないです。その一回は東方航空(?)の中国国内便でした。:-) その時は便が取れなくて、ファーストクラスだったのですが、ちゃんとした中国人フライトアテンダントでした。:-)

> まっとさん

御無沙汰しています。やっぱり日本の大企業でもエコノミーですよね。:-)
日本の「お客様は神様だ」という精神で、国民全体過剰なサービスに慣れ過ぎているんだと思います。

投稿: 夢見るK | 2009年4月26日 (日) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/44655368

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のサービス品質:

« 今を生きる | トップページ | 日本人であることを恥じるとき »