« 臓器移植法改正 A案 | トップページ | 無知の力 »

「テレビゲーム」・「テレビ」のない生活

テレビを完全に見ない生活になって5年程になる。妻が新聞を見て、家族の時間を大事にするために1週間に1日テレビを見ない日を作りだしたのがきっかけである。
ちなみにテレビゲームもない生活である。
そんな環境で子どもたちはどうなるかというと、本をよく読むようになる。
テレビCMのマーケティングの影響を排除して余計なものを買わなくなり、ボーっとテレビを見て時間を無駄にすることもない。

こんなお手軽な手段で、家族全員の生活の質が高まる。皆さんにお勧めします。:-)

|

« 臓器移植法改正 A案 | トップページ | 無知の力 »

コメント

ん~それは勘弁して下さい。
TVとゲームは命ですから。死んじゃいますね。

投稿: jacky | 2009年7月 6日 (月) 19時31分

うちも同じです。
北京に居るときから殆どテレビは見てませんでしたが、日本に帰ってからもテレビは買わずに過ごしています。
但し、DVD・ビデオ投影用に17インチのテレビは置いてあり、週1日(日曜日)の朝1時間だけは、息子の強い希望でレンジャーモノと仮面ライダーを見るだけです。
日本のテレビは、殆んどがバラエティー化してしまってつまらないですね。世の中の情報は新聞とネットがあれば十分だし、変なフィルターもかからずに、無駄な時間も過ごすことなく時間の有効活用ができます。
残業や休日出勤で少なくなってしまう家族との時間も会話が多くなりより深い交流を保つことが出来ると思っています。

ゲームもうちではTVゲームやPS、Wiiの類は買わない方針です。それよりも実体験させてやりたいし、実際にやらないと本当の事が分らない大人になってしまうと思っています。
いくらWiiゴルフで上手に出来ても、本当にコースに出るのとは雲泥の差ですからね。
疑似体験はあくまでも疑似体験であり、結局は人間の作ったもの。限られた極狭い範囲での体験なんですね。何か一つでも本物に触れたという体験は人間にとって欠くことの出来ない経験かと思います。

投稿: matt | 2009年7月11日 (土) 09時55分

> Jackyさん
独身貴族を諦めて、TVとゲームより大事な家族を作るべしですね。:-)

> Mattさん
さすがですね。私なんかついつい子供の時間潰しにゲームに走ってしまいそうになりますが、妻の強い統率によりゲームに頼らずに今に至ってます。:-)
レンジャーものですが、一番下の子どもがやられています。:-) 英語版(ガイジンの配役)が存在するというのを最近知って、先ほど思わず子どもと見てしまいました。なかなかストーリーが凝っていて面白いですね。私は英語の字幕に頼っていますが。。。:-)

投稿: 夢見るK | 2009年7月20日 (月) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/45525105

この記事へのトラックバック一覧です: 「テレビゲーム」・「テレビ」のない生活:

« 臓器移植法改正 A案 | トップページ | 無知の力 »