« KYが悪いことか? | トップページ | 格差社会 »

お金を貯めるより大事なこと

常日頃,お金を貯めるより,そのお金を使ってどんな能力をつけるかが一番大事なことだと思う.そんな方針の元に,子供用の本には結構なお金をかけている.

金本位制が崩れて以来,お金の価値はその国の信用により決められている.どんなに国債を発行しようが,将来ちゃんと国債発行時に決めた利子を付けてお金を返してくれるという国への信用が維持され,日本円もアメリカドルも貨幣価値を維持している.
資本主義は,人間のお金を得たいという誰もがもつ特性を使って社会システムを維持する制度である.お金のために,皆,働き続け社会をうまく回していく.社会主義は理論的にはよくできた制度だけれども,人間の楽をしたいという煩悩を抑制できずにうまく機能せずに縮小しているのは歴史を見ればわかる.この人間のお金に対する要求を満たしながら,社会をうまく回すバランスが,国債の金利となって現れる.年利数%というバランスを維持しながら社会システムをまわし続けるのだが,最近の金融危機に象徴されるようにこのバランスが崩れる徴候が出てきている.このバランスが崩れたときに起きることはインフレであり,こつこつと貯めて来たお金の価値がなくなってしまうことである(インフレで物価が2倍になれば現金の価値は1/2).
そんな時代がいつかやってくる.それに備えてやるべきことは,決して取られることのない自分自身・家族への投資(必要なお金を掛けていつの時代でも生き残れる能力をつける)である.常に以前の自分より成長していることが大事(人的価値の向上)である.自分自身が成長せずに,お金を貯めようとしているだけでは,インフレには勝てない.
っと言いつつ,アメリカは自分の生まれる前後(30年以上前)から財政破綻するとさわがれ,日本も財政破綻すると危惧されて10年以上,これからもう20年程(子供が成人する)ハイパーインフレが来ずにすむかなぁ...

|

« KYが悪いことか? | トップページ | 格差社会 »

コメント

それはそうやけど、残高がゼロになったら生活できないでしょ。
だから、お金を貯める為に貯蓄するんじゃなくて、病気になったりして急に必要になったときのために、貯めておくぐらいが丁度いいんじゃないの?
それ以外のお金は、いわゆる資産としてキープすればいいじゃん。
内的な資産への投資もよし、外的な資産であれば不動産の投資もいいでしょう。
まっ、株とかへの投資はナンセンスだと思うがね。
手に職があり、高いスキルを身につけていれば、どんな時代でも生き抜いていけるでしょう。
最悪物々交換でもありですな。サービスを提供する代わりに、物資を提供してもらうとか。
まあ、ここら辺が取引の原点だったんだと思うんだがね。

投稿: jacky | 2009年8月19日 (水) 04時55分

> Jackyさん

物々交換の時代になったとしても、患者さんを診て代金は野菜(?)をもらうということで生き延びれますかね。:-)
私の場合は、もう臨床を離れて難しいかもしれないですが。。。やばい??。。。:-)

投稿: 夢見るK | 2009年8月24日 (月) 16時03分

でもね、大切なのは心で以って診療にあたる事だと思うんですよ。
どんなに技術が一流でも、患者を無下に扱うような医者は、支持されないでしょう。
俺みたいに医術が三流でも、心を以って真剣に患者と向き合えば、そこそこの評価と支持をいただけるようですからね。

まあ、君だったら問題ないでしょう。
初心さえ忘れなければ。

投稿: jacky | 2009年8月25日 (火) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/45894094

この記事へのトラックバック一覧です: お金を貯めるより大事なこと:

» 投資 革命 [投資 革命]
投資 革命 [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 23時15分

« KYが悪いことか? | トップページ | 格差社会 »