« New Job | トップページ | 夢のデータベースの資金源 »

古風な上司

先週は日本の上司が訪問してきていた。
いつもながらに、昔ながらのウェットな日本式対応を求められた。

1. 引っ越しに伴う物品管理
つい先日、オフィスの引越があった。出張時に使う上司の部屋に、私物(書類・電源コードetc)があったそうだが、今回の引越した先の上司の部屋にその私物が見当たらない。→気を利かせて管理しておくべきだったと注意あり。→それなら指示を出しておいてくれーー :-)

2. 会議の設定
ホテルに迎えに行き、何気なく「○×の件で15:00ぐらいに会議をする予定だ。」と言われた。その後に、「私に会議出席者を集めさせることをせず、気を利かせて出席者を集めておくもんだ」と注意あり。→自分が出席するのかどうかも聞いてないし、会議を設定する指示ももらってないぞーー :-)  (しかも会議の予定はしょっちゅう変更になる)

日本人部下にはかなりウェットな日本式対応を求められるのだが、欧米人にはいつもニコニコとfriendlyに対応する。完全に欧米人は「外」の人間、日本人は「内」という考えである。
古風な日本的managementスタイルで、ガイジンをうまくまとめられない。

いろいろ話していると非常に優秀な人には違いない、ただ、何でも自分で理解しているつもりになっていて自分の解釈が正しいと思い込んでいる。私がわかる範囲では、臨床試験データの解釈・統計解析法については、話しているとほとんど素人というか、中途半端な知識を持っているために、素人以上に悪影響である。私には非現実的にしか思えないデータ解釈を元に事業計画が組まれて、どうなることやら。。。私なりのコメントをしているのだが、結局は怒り出してしまうので話にならない。。。

ついつい愚痴が出てしまうが、この上司から学ぶことも多いので、ウェットな日本式待遇を学んでいくしかない。。。

|

« New Job | トップページ | 夢のデータベースの資金源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172831/44361145

この記事へのトラックバック一覧です: 古風な上司:

» 議事録 書き方、フォーマット [議事録 書き方、フォーマット]
議事録の書き方、フォーマットについて。 [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 02時40分

« New Job | トップページ | 夢のデータベースの資金源 »