今を生きる

2009年の春ごろにある先輩が進行癌であることの知らせを聞いて書いた記事。

海外から一時帰国の日が決まって、その先輩に連絡して見舞いに行こうと思ったときに亡くなられたとの連絡を受けた。生きるということは、必ず死ぬという終わりがあるからこそ美しい。限られた生きる時間を、後悔なく過ごしていく重要性を常に感じながら、今の瞬間を大事にしていきたい。

------

先日、人づてにある先輩が胃癌の腹膜播種で治療中と連絡があった。あまりに身近な先輩で、なんとも言えない悲しい知らせである。今まで多くの癌の患者さんに接していても、同業の医師で身近な先輩となると感情が移入してしまう。その先輩が何か悪いことをした訳でもない、なんという皮肉な運命のイタズラなんだろう。
同期・後輩に伝えると皆言葉が出ない。皆医師として病状を客観的に評価することに慣れていても、あまりの身近な人のことで、あまりに厳しい病状で口に出せない。何も言わなくても胃癌の腹膜播種だと聞けば医師であれば予後が解る。

私自身、海外赴任中で見舞いにも行けず。連絡先を聞いたものの、電話するにも何て声を掛ければ良いのだろうと悩んだ。お互いに予後が分かっているのに、白々しく治療頑張って下さいなんて言えないし、かといって残りの人生楽しみましょうとも言えない。そうやって思い悩みながら、生きている間に話がしたいと思い自己満足のために電話を掛けた。

学生時代からサバサバといつも落ち着いた先輩である。電話越しでもいつもと変わらない調子だった。まるで他人事かのようにご自身の状態を話してくれる。暇にしてるのでまた気軽に連絡をしてねとまで言ってくれた。今までは医師としてろくに家族の時間も取れなかったが、今は家族とゆっくり過ごせると皮肉な話である。また、私は電話させて下さいと話して電話を切った。

感情的にはこの夏を無事過ごして欲しいと切に願うが、医学の常識を考えるとその可能性は決して高くはないという冷酷な現実である。そんな運命を落ち着いて受け入れている先輩を思えば、自分の日々のストレス・挑戦なんてささいな問題である。何気ない生活を送っていると、3ヵ月先もいつもと変わらず生きているものだと思いがちだ。自分の人生は限られている、それが3ヵ月なのか、6ヵ月なのか、10年なのか、もっと長いのかなんて誰にも分からない。そんな当然のことを改めて思い出し、「今を生きる」大切さを思い出させてもらった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

元気出して行こう

新年明けましておめでとうございます.
横着して今年は年賀状も新年挨拶メールも出せていません.
いろんな方の御蔭で後悔無く毎日を送らせてもらっています.
末永く今年も宜しくお願いいたします.

2009年1月

p.s. こんなビデオを見かけました.何か壁にぶち当たった時に元気がでるかと期待しています.Nothing is impossibleと思って,小さな努力を重ねて行きたいと思います.
自閉症の高校生の話です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金を貯めるより大事なこと

常日頃,お金を貯めるより,そのお金を使ってどんな能力をつけるかが一番大事なことだと思う.そんな方針の元に,子供用の本には結構なお金をかけている.

金本位制が崩れて以来,お金の価値はその国の信用により決められている.どんなに国債を発行しようが,将来ちゃんと国債発行時に決めた利子を付けてお金を返してくれるという国への信用が維持され,日本円もアメリカドルも貨幣価値を維持している.
資本主義は,人間のお金を得たいという誰もがもつ特性を使って社会システムを維持する制度である.お金のために,皆,働き続け社会をうまく回していく.社会主義は理論的にはよくできた制度だけれども,人間の楽をしたいという煩悩を抑制できずにうまく機能せずに縮小しているのは歴史を見ればわかる.この人間のお金に対する要求を満たしながら,社会をうまく回すバランスが,国債の金利となって現れる.年利数%というバランスを維持しながら社会システムをまわし続けるのだが,最近の金融危機に象徴されるようにこのバランスが崩れる徴候が出てきている.このバランスが崩れたときに起きることはインフレであり,こつこつと貯めて来たお金の価値がなくなってしまうことである(インフレで物価が2倍になれば現金の価値は1/2).
そんな時代がいつかやってくる.それに備えてやるべきことは,決して取られることのない自分自身・家族への投資(必要なお金を掛けていつの時代でも生き残れる能力をつける)である.常に以前の自分より成長していることが大事(人的価値の向上)である.自分自身が成長せずに,お金を貯めようとしているだけでは,インフレには勝てない.
っと言いつつ,アメリカは自分の生まれる前後(30年以上前)から財政破綻するとさわがれ,日本も財政破綻すると危惧されて10年以上,これからもう20年程(子供が成人する)ハイパーインフレが来ずにすむかなぁ...

| | コメント (3) | トラックバック (1)

無知の力

人生において「無知の力」を感じることがある。無知であるがゆえに、非現実的な夢を持ち、それに向かって突き進む力。無知であるがゆえに、現実の厳しさを知らずに、飛び込んでいくこと。無知であることで、怖れを感じずに進んでいける。
自分の人生で「無知の力」を発揮したのは、英語も話せないのにシンガポール資本(社内公用語が英語)に会社に就職して、5歳・3歳・1歳の子供を連れて北京に行ったことだ。中国語も話せないのに中国に住んでいた際には、家庭不和も頻繁で今思えば大変だった。
でもそのお陰で今の自分と家族がある。あのとき、現実の厳しさを予見していたらな、転職して家族全員で中国に行けなかった。つべこべあまり考えずに直観に任せて行動することも大事だ。
この「無知の力」は、子供の「好奇心」の源泉であり、大人からは意味のないと思えるような子供の大胆な行動の根幹だと思う。
ただ、「無知の力」は使われ方を間違えると大きな問題となる。教育(「知」)は、忌み嫌うべきものだと、文化大革命・ポルポト派の虐殺etcと無知である一般大衆を扇動して狂気の行動をとらせた。現代社会においては、無知であるがゆえに不合理な要求をしてくる人々を作り出す。
自分の「無知」を正す努力をしながら、うまく「無知」の行動力を利用していきたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今を生きる

医師の先輩の悲しい知らせを聞いた.余命は半年を切っているようだ.
本人は医師ゆえに淡々と自分の現状を受け入れられている.
現代,しかも先進国の日本に生まれ育ち,子供が自分より長生きすること,60-70歳ぐらいまでは生きられるだろうということを,当然の権利だと思いがちである.
でも,自然の厳しい摂理の中で,誰がいつまで生きられるなんて誰にもわからない.
人間はいつか死ぬんだという厳しい現実を常に意識して,「今を生きる」大切さを改めて感じる.これからも後悔しない人生を歩んで行きたい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

周囲を変えたければ。。。

人間は満足しきれないので、どんな状況でも不満は出てしまう。これがこうだったらいいのに。。。こうなればいいのに。。。
そんな周囲の環境を変えるのにはどうするのがいいのか。。。それは自分が変わること、自分が変わらない限り、周囲は変わらない。これまで通り文句だけ言って不満を垂れていても、これまで変わらなかった周囲の環境が一向に変わるわけがない。

そうするとどうなるのが良いのか、自分がまず変わる。自分が変われば周囲も変わる。。。。。私は極端になって、最初は周囲を変える(気づくように促す)ものの、最後は面倒臭くなって職場を変わってしまって、本当に周囲の環境が一気に変わる。最近、この発想がまた芽生えてきた。。。やばいやばい。。。今はまだ学ぶことがあるのでいいものの、自分でもうあまり学べることがないと感じてくると、多分またやってしまいそう。。。。。

嫌がって仕事をしている人の中に混じって、常に貪欲に学ぼうとしていると意欲があるという評価になり、周囲には気に行ってもらって重宝がってくれる。そんなこんなで良いofferをもらえるようになる。こうして周りに不満を垂れているだけだと変わらない環境に文句を言い続け、常に変わろうとしているとどんどん周囲が変わっていく。

結局、どちらにしても人生は自分で決めているのだということに変わりない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

学ぶべきところのない人間なんていない

周囲のどんな人でも,これは凄い・真似できないと感じる自分に欠けたものを持っている.

子供:大人からは馬鹿げた(?)と思えることに熱中できる際限のない好奇心.
妻: 自立して生きてイケるように子供に教育及び言語(日本語・英語)を与えるという強い信念及び実行.そして,子供と一緒に他愛もないことに興じれる能力.
母: いい年をして海外旅行にも行きたがらないのに英語を学び,エントロピーがどうこうと理解もできない(?)物理の本を読み漁る(?)知的欲求
父: 毎朝2時間の山登
妹: 家族のために自分の楽しみはいくらでも犠牲にする(古風な日本女性)
上司:肝の太さ
子供の同級生のお父さん: 家族へのサービス精神
同級生: 皆それぞれ専門を持って学び続ける忍耐力

人間は神様でない以上,誰でも自分自身に足りないものがある.自分にはできない周囲の人の長所に気づきながら,常にどんな人でも尊敬できるような人間になりたい.

特に日本人に多い(完璧主義)と感じるのだが,感情的になった際に,相手の気に入らないことを過度に一般化をして,相手を全否定したり・されたりする.相手を決して全否定することなく,又,批難されても全てを否定されているのではないと常に捉えられる人間でありたい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「できる」ようになるのを待ってはダメ

たかだか35年の人生だが振り返って感じるのは、目の前の課題に対して、常にできない理由を探すことの方が簡単だと思う。ああだから・こうだからとこれはできないという言い訳を作る。何か挑戦したいことに、いろいろ理由をつけて(言い訳をする)諦めることは簡単だ、ちょっと背伸びしながら乗り越えようと努力を続けれていると、少しずつ成長する。
ただ、何も準備しないで、挑戦するのは単なる愚行である。その目標に向かって日々精進して以前より少しだけ成長した自分で挑戦を続けることに意味がある。
自分のやりたいことを、「できる」ようになるのを待って機会を逃すより、「できない」ことに挑戦を続ける自分でいたい。。。だんだんと保守的思考に陥りがちだが、stay hungry, stay foolishで行きたい。
目の前の課題を愚直に実行し続け日々の成長続け、chanceがやってきたら思い切って飛び乗ろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

他人のために生きる

臨床を離れて仕事をしていると,人の役に立っているという感覚が少ない...臨床では目の前の患者さんが医師の助けを実際に必要として,治療をして心から感謝してもらうということが多い.
# 医者をしていた時には,患者さんから感謝してもらうことが当然のことのようになってしまい,人に感謝される仕事をするという有難さを忘れがちだった...

会社員をしながら,今やっている仕事が何か社会の役に立っているのか?と聞かれると,かなり苦しい答えになる.製薬企業の作る薬で,本当に社会に必要なものは少ない.だいたいはme-tooドラッグのような,どこも似たりよったりの薬が莫大なお金を費やして開発され,莫大なお金をかけてマーケティングが行われている.このマーケティングは非常に巧妙で,医師自身が無意識のうちにこの戦略の影響を受けてしまっている.
# 医師の信じるEBMの多くが,製薬企業のマーケティングの一つとして作り出された臨床試験結果の塊である.

そしてそもそもこの製薬企業を駆り立てるものは何かと言えば,経済的利益であり,国民一人一人のお金・長生きしたいという煩悩に過ぎない.
自然界でなぜか人間だけが特別と思い込んで,自然の摂理に反して人間だけが全員長生きし豊かに暮らしたいと夢見て社会が作られている.どんな意味がないと思う仕事でも,その家族を養うためには必要なのだろう.結局,家族(自分じゃない他人)のために生きようと皆必死なのだ.
それならその他人のために,何ができるかを考えて,より自分の能力を高めてシステムを残せるように頑張らなくては...

よくわからん自己問答だが,会社という組織の中で生きていくのに,このプロセスは何の意味があるんだ?このよくわからん駆け引きはなんだ?...と自分的には非効率だらけだが,それに意味を見出して目の前のことを突き進むための自己回答でした.
一見意味がないことでも,意味がある.例え,意味がないことをするのも人間だから仕方がないと悟る(?)のであった.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

You can't change what you can't control.

怠慢でblogが書けてない...手抜きで手短に...
たまたま見かけた意味深い言葉 「You can't change what you can't control.」
私を含めて皆(?),自分の能力を磨いて行きたいと思い(自分を変える)つつ,日常を平凡に過ごしてしまう.人間なので,何か目標を強く定めないとついつい楽な方に流れて,惰性で過ごしがちだ.

「自分自身をコントロールできなければ,自分自身は変えられない.」
「社会を変えたいと思えば,自分自身が変わらなければ変えられない.」
...そんな単純・明白なことを改めて感じさせてくれる良い言葉だ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧