ドラッグラグ

「ドラッグラグ」という海外で認可されているのに日本では認可されていないもしくは認可が非常に遅れるという問題がある。
この問題が取り上げられるときには、PMDA(新薬の承認申請するところ)の審査が遅いことばかりが非難される。確かにPMDAの審査はFDA(米国)・EMEA(EU)に比べると遅い。ただあの人員の少なさでよくやっていると称賛されるべきだと感じている。
それよりは、もともと承認申請さえされてない薬が大半なのがもっと議論されるべきだろう。どうしてなのか、それは簡単で日本の市場性がないから製薬会社は申請しようともしない。製薬企業は営利団体で、投資費用と利益のバランスで物事を決める。海外に比べて患者あたり倍以上の臨床試験費用がかかって、臨床試験期間も長い、挙句の果てに審査も長い。駄目押しで、非常にまれな疾患の適応では全例調査(投与された患者さんの経過を一定症例数調査)が課される。
非常に稀な疾患にこそ数少ない海外で認可されている薬を届けるべきなのに、製薬企業にとっては市場が小さい(稀な疾患)上に、販売後の全例調査で金はかかるは大事なMR(薬を売るセールスマンみたいな役割)リソースまでとられる(他の儲かる薬を売ることができなくなる機会損失)始末である。
PMDAの役割は、患者さんに安全な薬を届けることが使命であり、全例調査を課すことは仕方がない。ただ、年間2000万円ぐらいの市場に、10年単位のフォローをする全例調査(億単位の経費)を主張していては製薬企業は申請を辞退してしまう。
「ドラッグラグ」を考える場合に、企業の論理思考(株式会社である限り利益を得ることが第一目的)を理解せずには解決できない。
日本の製薬産業の育成と、国民に安全な薬を届けるこの両立を目指す夢のようなアイデアがあるが書くのに時間がかかるので、またの機会に。。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

白衣を脱ぐにあたって..

僕は今まで研究もせず臨牀一筋で,幸い同僚・上司にも恵まれ大きな事故もなくやってこれました.身近な方々には御存知の方が多いですが,この3月から日本に帰国し白衣を脱いで(臨床を離れて)新たな分野で勉強・挑戦させて頂く予定です.この場を借りて,患者さんも含めて御世話になった方・なっている方・これからなる方の全ての人々に感謝の気持ちを伝えさせてください.人間の短い一生のうちで,一瞬でも御一緒させてもらうのは世界60億人のほんの一部です.その低い確率の中で,貴重な時間を割いてもらって喜怒哀楽を共にしてもらった人は僕にとって大切な方々です.

僕の方は,中国で過酷な貧困の差を見せ付けられて,人口20%HIVに感染している南アフリカの同僚医師の話などを聞いたり,国を捨てて生きて行こうとする人を見たり,金がないと何もしてもらえない医療というのを見たり...中国に来てから,自分はなんて恵まれた国に生まれて,恵まれた環境で育ったのだろうと心底気づかされました.

「貧困が病気を生む」これが現実で、これから貧富の差が大きくなり貧困が生み出され医療崩壊が進む日本では、これまでのひとりひとりの患者さんを治すだけでは後に繋がらないと感じています.この貧困を失くすにはビジネスの力の必要性を感じるに至りました.

そうして危機に瀕した日本の医療起死回生の策を考えるうちにある構想を思いつきました。ただこの秘策(?)を実現するためには、今の自分にビジネスの知識・スキルがなさすぎる事を痛感しています.そうして妻の了承も得て家族を養いながら,少しでもビジネスに近い分野の勉強ができるところ,製薬会社さんへ転職です.幸い雇うと言ってくれるところも見つかり,この3月からある製薬会社さんで働く予定です.また違った世界で厳しい現実が待っていると思いますが,人生は夢を見続けることが大事と思って家族を路頭に迷わせないようにはやっていくつもりです.

家族を含めて互いの幸せ・健康が続きますように.これからも末永く宜しくお願いします.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自分の子供のため→社会のため

以前の記事にも書いたことがあるが,自分の子供に残したいものは「幸せのみつけ方」と「社会」である.個人的には,自分の子供に自分と同じように医師になってくれればと思うが,人の数だけ価値観があり実際に成人して自分の子供が何になりたい・やりたいと思うかは予測不能である.又,遺産としてお金は使ってしまえば終わりである.

そこで僕は,子供が何をしたいと思っても実現できる可能性がある社会が維持されていて欲しい.僕が理想とする遺産は,本人がやりたいと思ったことに挑戦できるような社会である.格差は拡がっていると言っても,現在の日本は本人がやりたいと思えば本人次第でなんでもできる.でもこういった状況は世界に目を向ければ先進国だけである.南アフリカ・中国・香港・台湾・東ヨーロッパなど国を捨てて生きて行こうとする人々を目の当たりにして,誰かの御陰で秩序・平和が維持され,極度の貧困が抑えられて自由のある現在の日本に生きている自分はなんと恵まれているかと感じる.そして現在の日本を支える僕らの世代が,自分の人生だけ無事に終える事だけを考えていたのでは,僕らの子供世代が彼らと同じ大きな困難に直面すると感じる.

財政赤字はどこの先進国にも共通するようだが,日本とアメリカがとりわけ破綻の危機に瀕しているように思われる.日本とアメリカと両国の財政が破綻しても,アメリカは今尚増え続ける人口と共通言語(英語)により市場の魅力から,再度復活するように思われる.それに対して日本は,減り続ける人口・高齢化社会・日本語という言語の壁から市場の魅力は薄れ,再度復活する可能性は厳しいと感じる.破綻後の貧困の蔓延するような日本では,昔の日本・現在の途上国のような人身売買が行われ,本人次第でなんとかできる社会ではない.大きな病気をすれば経済的に困窮し再起不能(現在のアメリカでは中流階級以下では大病をすると保険でカバーしきれず自己破産すると言われ,自己破産の原因の2番目が病気だそうである)となる.途上国で先天性心疾患を持って生まれて,その国に生まれなければこれは助かる病気なのにと泣き寝入りをする現実.貧困・財政難,教育の低さからAIDSは風土病と考えられ適切な治療が受けられず,結核などの感染症も蔓延,治安が悪く金持ちはごく限られた地域でしか住めない現実.そんな世界が僕たちの孫の時代にやって来る.

20-30年後の日本をタイムスリップして見ている様な現実を身近で感じている.この危機感を多くの人に感じて欲しい.

社会のために貢献することが単なる奉仕ではなく,実は自分の子供のためということを念頭に,第二次ベビーブームの僕らの世代が現在の日本を次世代に残す最後の大きなチャンスと感じる.自分の子供のため→社会のためと共通の利益を目標に,win-winの関係を利用した社会システムを構築することを夢見ている.

具体的(?)プランは,又折を見て書いていきたい.

| | コメント (2) | トラックバック (0)